いいだこと旦那さんの赤ちゃん記録帳

ひよこママいいだこの我が子との育児奮闘記であり、普段我が子の傍にいれない旦那さんへの連絡帳ブログです。出産のときの思い出や、たまに趣味の話なんかも。

本紹介 『あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します』

『あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します』という本があります。

 

大好きな実録レポ本なんですが、いつのまにか文庫化されてました。

姉や知人に布教しまくるほど好きな本の文庫化。しかも単行本未収録作品もある!

欲しい!(*´Д`*)

 

------------------------------------------------------------

 

どんな本なのか、ご紹介。

 

内容はタイトル通り、外観からは死んでるんじゃ??っていうお店を見つけては、小説家の菅野氏とマンガ家の立花氏が突撃する、その様子を描いたグルメエッセイ?です。

生きているか死んでいるかは突撃した筆者2名が判断。

 

死んでる → 店自体はやっているけど、吐くほどやばい。

生きてる → 読者に紹介してもいいと筆者2名+編集さんが判断した店。

 

こんな感じで判断されます。

ほぼこの二択です。だいたい菅野氏は吐き、立花氏も下したりしてる(´Д`;;)

amazonの内容紹介はこちら。

 

amazonより)

あなたが怖くて入れないそのお店、代わりに入って食べて、生きてるか死んでるか、判定しましょうーー。

ぐだぐだの日々を送っていた小説家&マンガ家の二人は、ある日友人のススメを受けて、そんな企画をぶちあげた。
まずは手始めに、近所の謎に満ちた外観の中華屋さんから。
そこから始まる恐怖とリバースの冒険とは!?
なぜか完食ルールも発生し、友人&担当ズも巻き込んだ、グルメエッセイならぬ「死んでる店」探しの突撃体験エッセイ!!

 

体当たり度合がすごすぎて、書き手二人の壊れっぷりもなかなかいい具合です(何)

え、ほんとにこんな店あるの?、フィクションじゃなく?っていうような突撃レポですが、すべて実録。

 

一風変わったエッセイがお好きな方、生きているのか死んでいるのか分からない店に興味のある方にお勧めの本です(´Д`) 

 

ちなみに生きている判定されたお店は、本で紹介されるので、実際に1件行ってみました。

ハンサム食堂というお店です。確かに生きてました(何)

タイ料理のお店なので、味の好みは人によって結構わかれると思います。

私には辛かった・・・。

 

死んでいるお店も、そば屋はたぶん、場所が特定できる。

けど行ってないです(´Д`;;)

さすがに怖い・・・。

私の中じゃ、中華飯店(仮)以上にやばい店と思ってるのですよ、そば屋・・。